【上越】古民家カフェ「喫茶去」は意外性がたっぷり

上越の喫茶去(きっさこ)のパフェが大きすぎてつらい

夏は甘いものに限りますよね。

パフェはフランス語らしく、wikipediaによると、
パフェとは背の高いグラスに、アイスクリーム、フルーツを主体として、その他の甘い具を加えたデザート、らしいです。

写真の「喫茶去」のパフェは、果たして該当するのか・・・

 

「喫茶去」は本サイトを見てくれている方が「お勧めですよ!」と教えてくれたところです。

 

古民家の雰囲気を満喫

新潟は古民家を利用した店舗がけっこう多いと思います。

「故きを温ね、新しきを知る」とはまさにこのこと。斬新に感じます。

上越の古民家カフェ「喫茶去」の入り口

 

上越の古民家カフェ「喫茶去」の外観

↓店内もレトロな雰囲気。

上越の古民家カフェ「喫茶去」の店内

 

和風な店構えだけど、洋風なメニュー

「和」かと思いきや、店内には80年代のアメリカを彷彿とさせるアメ車のフィギュアや絵があります。写真がなくてすいません。。。

メニューは、とろけるチーズのオムレツカレーやペンネリガーテなど洋風メニューが中心です。

私は「ナポグラタン」(950円)を注文。

 

チーズを開くときのドキドキ感

「ナポグラタン」はたっぷりのホワイトソースとチーズで焼き上げた熱々ナポリタンです。

分厚いチーズの層を開くと、真っ赤なナポリタンが顔を出します。いいねぇ、いいよ~

 

チーズはどんな料理とも相性が良い反則技ですが、

そんなチーズはパスタの中にも多く入っています。トロトロにとけたチーズが本当に合う!!

 

これはカロリーの怪物やで!

 

喫茶去の「ナポグラタン」がまた食べたい。

 

喫茶去の「ナポグラタン」はナポリタンにチーズが絡みつく。いいね!

2人で1つを食べましたが、十分すぎるボリューム。

1つしか注文しなかったのは、アレを注文するため・・・

 

もはや言葉が見つからいパフェ

この和風抹茶パフェは大ジョッキのような(?)グラスに敷き詰められています。

抹茶アイス、生クリーム、あずき、下にはビターなコーヒーゼリー。おいしすぎ!

とにかくデカイ・・・スカイツリーパフェって名前でもいいと思う。

喫茶去(きっさこ)の特大パフェ

 

 

外観、店内はレトロな雰囲気で斬新で楽しめますが、料理も意外性があり楽しめます。

楽しいだけでなく美味しいです。たぶんここのパスタが日本一好みです。

 

 

余談ですが、一日のカロリー摂取量は男性が2,500kcal、女性が2,000kcalらしいです。

・・・ふふ~ん。

 

 

もしいつの日かいくら食べても太らない世界がきたら、毎日食べたい。

コメントを残す